忍者ブログ

ジムカーナ観戦記

ジムカーナの競技会や練習会での一幕  2007年からの観戦記はブログに移行しました。

2018.08.15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016.10.17
お年を召してきたら、だんだんと早朝(深夜?)の早起きがきつくなってきました。
寝坊しないように、ジムカーナの前日の夜は緊張します(^^;

ちょっと雨になるかなと思いきや、競技中はおひさまにジリジリやられて暑いくらいの秋の空の下でシリーズ第4戦の開催となりました。
今回は黒兄に寄生してセブンでダブルエントリーです。
黒兄セブンには何回かダブルさせてもらっているので勝手が分かる分、エスに近い感触で攻めることができるハズ。
さて、満足いく走りができるかな?


今回はスタート早々に、かあちゃん大好きなスラロームがある〜(^0^)
はしゃいで久しぶりに健さん先生について歩きました。

まっすぐスタートしたら1パイロンで向きを変えスラロームに挑むわけですが、2パイロンをどう抜けるかでスラロームのリズムが決まる、進入が悩ましい配置です。
2の扱いを間違うと3-4-5のリズムが狂ってしまい、美しくない走りになります!!!
踏み抜くこともできない微妙な感覚ですので、修正っていうのが難しい感じ。
最初を失敗したらウダウダ走るハメになるな(^^;
かあちゃんを悶絶させる走りに出会えるだろうか(笑)

スラロームを抜けたら5-7-9-8と巻いて行ったら、戻りの7から踏んでけ外周です。
10-11の間を抜けて12をかすめて13-14とひっかける。
15からまだ踏むからラインを外さないように注意。
踏んで来たら18-19の狭い幅のパイロン抜けるとき、すぐに角度のある20パイロンが待っている!
ぶっとばさないように、タイムダウンしないように、「ブレーキ」注意。
ちょん!(加減はある)でかわしてギャラリーサービスエリアを抜けて行くべし。

30を超えたら2本づつ巻いて大きいゆるいスラロームエリアを走り抜け、キモの向きを変える7パイロン!ここで停止しちゃうマシンが結構な台数いてました。
止まってはイケマセン!

向きを変えたらストレート「バージンロード」(かねゴンアナが力説)を駆け抜け、今回の山場のフリーターンです。しかも連続。
感覚が狭いので頭をちゃんと入れ込んで回す動きを繰り返さないと回れなさそうなので、どっちから進入するかの組み立てを慎重に。
ターンの得意な人、マシン的に苦手な場合、その人の状況によって攻略が変わるからどうなるかな!?

これで終わりと思いきや、最後の最後にまだターンがあります。
22を巻いて23までぐるんと回して21-20の間を抜けてゴール。
最後まで集中力を切らさずに、疲れた腕を必死に回してファイトだ!



スタートしてからの加速がセブンはいいね。
パイロンへの寄せは甘いけど、なかなかいいリズムかな。
スラロームは、ちょっと詰まった感があるからもう少し伸び伸びとリズムよく走れそうだ。

外周区間はパイロンへの寄せ感(ライン)はいいと思うけど、車速が乗り切ってない!?
悪くはないけど、ややモタっとした感じがしなくもない。
外周の「くの字ブレーキ」を含む加速区間はこんな感じかな?
向きを変える7パイロンでちょっと車体が振られたように見えるけど、まあスムーズに回れた方かな。

フリーターンセクションは、ターンそのものはやや大ぶりな感じだけどなかなかいいと思う。
最後の巻くところもちょっと失速してるけど、まあいいや。
ターンセクションは脱出の「引っかかった感」が出ないように注意。
トータルでは、「まあまあええんちゃう?」と声をかけた。(偉そうなかあちゃん)



スタート直後に、やや踏みすぎた?と思ったけどサクサクとスラロームを抜けた。
かあちゃんが大好きな、とうちゃんのスラローム♪
7-9-8の巻きがビデオ見てたらモタッとした感じがするけど大丈夫か!?

外周いいね!
アナがかあちゃんに呪わないでって言われたと報告してますが、かあちゃんの祈りのおかげで触らないで走って行きました(笑)

大きいスラロームもかあちゃん好みです。いい感じじゃないか?
7の折り返しもスムーズに(旋回が少しぎこちないけど)、フリーターンが浅めに回れて結構稼げたのかな。立ち上がりは少し重いがいい許容範囲。
最後の巻きターンも美しい!回った後でちょっとしくじったけども、いいんじゃない!?

人様のマシンだけど、いくらか乗り慣れた、しかもFRでパワーのあるセブン。
気持ち良さそうに動かして走ってたね(^^)



とうちゃんの直前で出走したAさんがタイムを塗り替えたアナウンスを聞いて出走です。
勢いよく飛び出しスラロームを攻めます⭐️
スラロームの後も1本目より車速を乗せて走れてる。攻めてます(^0^)
が、ちょっとおつりが出て14パイロンでラインが一瞬膨れました!

すっごくがんばって外周を攻めますが、ちょっと焦ってたんですかね?
タイヤのせいでしょうかね?
外周のギャラリーサービスエリア付近で挙動が乱れましたよ、奥さん!
集中力を切らしたくないですが、向きを変えるパイロンもやや怪しい(^^;

そして極め付けのフリーターんです。
ちーん。。。
終〜了〜orz

白煙あげながらのターン、お尻が止まっています。。。
反対側も旋回が大きく、しかも地面を転がらずに張り付いてる時間が長い。。。
タレましたか、融けましたか、どうしましたか!?

でも最後のターンまで諦めず攻める姿勢を向けましたが、本当最後にやっぱりもう足元がやばかったようです。
足元がよれて止まりました(T^T)
残念ながらタイムダウン。
「今の所、私の呪いはない!」ウケます(笑)
かあちゃんの願いを最後まで守ってくれて、ありがとう。
本当に呪われてるなんて思っていませんので、最終戦は気持ちよくアナウンスに励んでいただきたく思います!


1本目のタイムで、2位表彰台にとどまることはできました。
あー2本目の前半が良かったので、途中か残念です。
仮にタイヤ終了としても、何とか転がして回すことはできなかったか。(どうなんだ?)

でも、かあちゃんのスラロームは決めてくれたから良しよしましょう。
てか、そこが良ければ全てなとこもあるいい加減なかあちゃんであった。

スラローム万歳、最終戦もバリバリのやつがあるといいなあ。
今回はいつも以上にすごく楽しんだので、最後に期待が膨らみます(^^)


黒兄、ダブルありがとう!
お世話になりました
PR
2016.09.14
第2戦以来しばしの時間をおいて姫路シリーズ第3戦です!
今回はヘンな汗の出る変則ルールの「ワントライチャレンジ」でした。
とうちゃんは今回もH垣さんのデミオのお世話になってダブルエントリーです。
人様の車なので勝敗にはプレッシャーなく走れそうだけど、FFだからドラシャは気をつけてね〜!



今回のコースはパっと見は姫路っぽいレイアウトです。
実際はパイロンの間隔が広かったので思った以上にグングン加速できるイケイケコースでしたが、車のいろんな動きを楽しめてナイスでした。
欲を言えばスラローム区間の間隔を狭くしてマゾマゾに(爆)
でもかあちゃん大好きスラロームっぽい感じが、コース図を見てわかっただけでも素敵だった

ぶう〜んとスタートして2-3の間を通り抜けて4まで抜けて、6を八の字みたいに向きを変えて踏んで行き、7の外側から外周です。
8-10の間をまっすぐ、11で次のセクションに向けますよ!
15-17の間を抜けて15で向きを変えて13で向きを変えたらもう一回15まで来てから抜けます。
15と13ブレーキを上手に使って、さらに大回りにしないで向きを変えたいな。

で後半セクション。
後半も踏んでいけるけど、駆動方式や好みでサイドでもグリップでも選んで組み立てる場面が増えるエリアへ。
知恵の輪みたいな20-1-21をクリアしたらスラローム区間へ
うほっラブリースラローム♪というほどではないけれど、リズミカルに走って踊るような走りを見たいところです♪
最終セクション、20を巻いて21でターンしてゴール。
外周踏んで走ってくる時に向きが変わるパイロンのミスコース、向きを変えるパイロンでのタッチに気をつけて、踏める区間を損しないようにがんばりましょう。
欲張りブレーキ注意ですぞー。

なんか練習走行でミスコースが多発で予選の前に急遽確認の慣熟歩行(短時間)があったりして、いつも以上にメンタルをゆさぶるワントライらしい光景だ(^0^)
当初雨予報で過ごしやすい天気を期待してたのに、おひさまがジリジリ暑くて体力もしっかり計算しておかないとしんどそうな感じ、さてどんな勝負になるかな!?


デミオも2回目なので、前回よりはスタートよくなった感じ!?
おっいい感じで走れるかな?と思って見てたら向きを変える6パイロンが遅いな。
減速して向きを変えた後の加速がオーナーより鈍い!?そう感じ入るだけかな?
15で向きを変えるのは悪くない13の方は侵入の減速で一瞬妙な動きが!
致命的なミスになる挙動では全然なかったけど一瞬に突っ込み入れたくなる(笑)
とか思うけど、ああいう風に動かしたんかな?(謎)
15を踏んで脱出できたのはよし。

かあちゃんは次の知恵の輪セクションの動きが結構好きです。
ここは観察してる限りにおいては美しい走りに思います!
なかなかブレーキが美味かった感じがしますが、どうでしょう。

それからスラローム♪
7の向きを変えるパイロンがアカンな!
(とかって偉そうに書いてみる。エスだったら違うんだろうけど。笑)
なんだかお尻の動きがモタっとした印象を受けます。
最後のセクションはサイド引けないせいで切れがないけど、グリップでなるべく小さく頑張りました。行きのかっこいい知恵の輪のようにはいきませんでした(^^;
お触りはなかったし、前回よりは乗れてるけど、6と7の向きを変えるところが気になる。


出だしと繋ぎ、練習よりい感じです!
が、やっぱり向きを変える6は気になるなあ。。。
立ち上がりのモタつきをやっつけたいです⭐️

そして、やってしまった!
15のブレーキが、まずいね(^^;
13は良かったけど、再びの15も練習の方が良かったな。
知恵の輪エリアも練習の方がいいなあ。ちょっと侵入で構えすぎた感じ?(謎)
スラロームセクションに行って、あ"〜向きを変える7パイロンっorz

しかも見えないところでお触りしたみたいで、カネゴンアナが「今日『も』触ってしまった」と言われた。
あらやだ、今日『も』!ってアナタ(^^;
ペナが付いて下位決定なので、決勝は早めスタートになります♪


スタート早々のアナウンスで「今日『も』パイロンを触っている男〜」と突っ込まれた!
なんかもう、こうなると何を言われてるのかビデオで再生するのが楽しいな(^^;
いじられましたが、予選よりはスタートから出だしは良くなりました。
問題の6パイロンはやはりかあちゃん好みではありませんが、組み立てのラインのせいなのかな何かさくっと感が足りません。。。でも3本中では、これが一番いいな。

パイロンのことをスタートからずっと弄られ「彼はパイロンに近づいていきますからね♪」とか、「パイロンぎりぎりを攻めてくる」、「これまた近いとこ回ってるって!そこ!」とか、「そんな事するから触るんやって、って言いたいわ〜」とか言われ放題です(爆)
しかしこの言われまくった15-13-15エリア、なかなかいい感じでクリアしましたぞ
そして知恵の輪エリアも車速を乗せて小さくクリア。よし、いいぞ!

スラロームセクションもリズミカルに、おっこれはいいやん!と思って見ていたら、
「ペナルティの報告かな?」「やっぱり触ったんだ!!(嬉しそう)」と(-"-;
えーっどこよ〜???クラブ員もみんなでどこ〜?ってなったけど、見えない所???ってがっかりムード(笑)
ええ感じやったのになーとしょんぼりしてたら、何かの勘違いだったのか、正式リザルトではペナは頂いておらず、触らずに頑張って走りきった様だった(^0^)v

そんな顛末で、ラッキーな事に3位表彰台で終了でした♪

次は黒兄のセブンに寄生する予定のようだが、アナを喜ばせないようにお触り回避で頑張ってもらおう。まあ、言われたら言われたで呪われっぷりが可笑しいから、それはそれでネタになるんだけどね。

H垣さん、今回もお世話になりました。
どうもありがとう!
2016.06.21
相変わらず、とうちゃんのスイッチがカチン!と入らないまま。。。
今回も、当初は黒兄のセブンでダブルエントリーの予定でした。
ところがセブンの調子が悪くなってしまい、急遽S2000で参戦することに(^0^)v
久しぶりに我が家の愛車を動かしてあげられます!
ガレージに眠ったままで埃かぶって蜘蛛の付くのかわいそうだもんね。。。

予想以上の雨に降られながら、ちょっとお疲れ気味で姫路に向かいましたが、やっぱり久しぶりにSが走るところを見たら嬉しくて元気でた♪
残念ながら今回も萌えるようなスラロームはありませんでした。

スタートしたら1-2-3とジグザグ、4-2までジグっときます。
ううっ。。。この1-2-3が狭い間隔のスラセクションだったら泣いて喜ぶのに(笑)
2パイロンの次は複合ターンセクション。どう繋ぐか見極めて進入のラインを。
めっちゃ腕が疲れそうだなー。丁寧なアクセルワークも必要だなー!?
このセクションで気分が撃沈しないように頑張りましょう。
抜けたら踏んでジグザグと繋ぎ、最終セクションもターンセクション。
11-12のねおターン(とか言うらしい)をしてゴール。
お触り注意で、いってらっしゃーい!


スタート早々、お尻がにゅるっとした?
タイヤが2年モノなせいもあるけど、雨だけど、カッコよくお願いします(笑)
7を回した後!お尻が暴れていけません!6も軸がブレて失敗です。
どのパイロンも無駄にたくさん回ってしまいました。ちーん!

そして、何ということでしょー!
珍しくコース上で混乱しています!
どこ行くね〜〜〜〜〜〜ん⭐︎(^^;

ツッコミどころ満載で、どこか大味な走りのまま最終ターン。
やった!触った!前足でニッチャり踏んだ!
うーん、しばらく放ったらかした罰でしょうか。
エスの機嫌が悪いのか呼吸が合わず、魅せドコロがありません。。。がんばれ。。


なんかスタート早々の挙動が気になる。
2パイロンへのアプローチはしくじった訳じゃないんだろうか?(謎)
これでいいのかわからないけど、前半の向きを変える動きがしんどそう?

ターンセクション。綺麗に進入して回ったと思ったら出口が苦しいな。
アクセルがイマイチだったか?でも損害は少なめで上手くふり返して、やや苦しい感じもするけど6をくるんと巻いて脱出。さっきに比べたら全然いい(^0^)

今度は迷子にならず踏んでいく。相変わらず加速しない(^^;
向きを変える4パイロン、もう少し小さくいけるよね?
ブレーキがややズルズルのような気がするのだけど、どうなんだろ?
今日はなんだかタイヤが脱出でひっかかる感じというか、前に進まないなあ。
最終ターンは無難にまとめて、無事お触りなく完走。ふー。
アナが気を遣ってか、呪いの呪文をかけないようにしたお陰?


ん???どうした2番パイロン!このラインを狙ってるのか?ブレーキ失敗?
(なんか黒兄の笑い声らしきものが写っているんだが。)
車速は一番乗っているけど、動きが怪しい(^^;

おお!ターンセクションはこれが最高だぞ!
近いところで小さく回れました(^^)/
この後オフィシャルが一斉にパイロンチェックに走ったのが笑えました。
「お触り常習犯」には、より一層厳しい目が光っているんだろうか?(爆)
しかーし!お盛りななくセーフ!このセクション、集中力を振り絞りました⭐︎

*アナが必死に「あんなに近づいたら触っても俺のせいじゃないやん!」と訴えております。

パイロンを無事に触らず回れたことで波に乗ったようです。
前半の何事もなさそうな場面での怪しい走りが惜しまれます(笑)
最後のターンセクションも振り幅はやや大きい気がするけど無難にまわしてゴール。
んー、もっといけたな。残念だー。

結果は一応残りました。

RT3クラスを2位表彰台で終了。

まあ仕方ないね。
私はエスでかっこいいのが見たいけど、とうちゃんは楽しく走るをテーマにしているから、ターンセクション触らずよくできました、でヨシとしとこう。

今日はコレでおしまい。
体の節々が痛いんです。。。
2016.06.02
今回はミドル戦の姫路ラウンド。
とうちゃん近畿シリーズは追いかけていないのですが、クラブのみんなと一緒に楽しみたいのでエキスパートでエントリーしました。1台しかいませんでした(笑)

今年はS2000では競技はやらないつもりらしい、とうちゃん。
ちょっと寂しくて観戦記を書く気力が出ないでいたら、「書かないの?。。。」とうらめしそうに待っているので、書くことにした。
とうちゃんは走らないかあちゃんの、とんちんかんな、おまけに辛口なこの記録の何が楽しみなのか不思議で仕方ない(^^;

そんな訳で、今回もクラブ員のお世話になった次第でありまして。
この度の餌食になったのはN島さんのカプチーノ。ご協力ありがとうございます!
軽量ボディーでパワフルな仕上がりのこのマシン、なかなかのじゃじゃ馬でありまして、同じFRでも重くて、手入れしないせいかえらく加速の鈍いとうちゃんのエスと比べて感触がだいぶ違いそうです!

よりよい運転をするためには、借りものでも最低限シートポジションはちゃんと調整してほしいもんですが、面倒くさがりの白兄とうちゃん、支障ない程度の適当なところで「これでいっか」と妥協する。。。走っていて影響がないものかと心配になります。。。



ミドルのコースなので?、いつもの姫路よりは間違いにくい仕上がり。
ちょっと見たことあるようなレイアウトですが、またまた大好きなスラロームがなくて寂しい。
私の萌えるスラローム、ギャラリーサービスで入れて欲しいわあ。

踏んでいけるレイアウト、向きを変えるところは注意だけどカプチーノなら気持ち良く走れそうなコース。まあサイドには期待しないとして、どうなるんでしょ?
オーナーのN島さんは、いつもブイブイ加速区間で稼ぐ。どんだけパワプルやねん!って思うくらい、マシンの加速性能をよく出している。この加速を引き出しながら、適切なブレーキングで向きを変えるところも小回りの効く走りを見たいものである。


姫路シリーズと違って、ミドルは本番1本目⇨練習走行⇨本番2本目の走行です。
練習なく、いきなり1本目アタック!(競争相手いないから、いいけど)

スタートが下手です!いきなり失速してびっくりしたわ!
撮影しながら見てたらSみたいなマシンさばきだけど、あれ?意外。
軽量マシンなのに、Sみたいにずっしりした動きに感じるぞ!?
向きを変えるところで小さく曲がれるのはいいんだけど、加速区間でさっぱり車速が乗ってません!これは、イケマセン(-.-#
中間くらいから少し速くなったけど、うーん、何か違う。

フリーターンセクションは、さすがにコンパクトさを十分生かして良い感じ。
が。その後のセクションは若干折れ線グラフ走りで、かあちゃんのお好みではありません!!!
向きを変えるところでもしくじったのを見てしまった!
なんぼFRと言っても、人様のマシンをそうそうすぐに乗れるハズないか(^^;


「うーん。。。」
加速と減速の加減を探っているんだろうけども、そんなに扱いにくいマシンなのか!
まあオーナー様から「じゃじゃ馬で難儀する」と言われているから、手こずるお嬢さんではあるのだろうけど、私が勝手に妄想して求めているイメージとは違うなあ(爆)

ちょっと踏んだら暴れたり、ブレーキのタイミングがおかしかったり、難しい娘ね。
でも加速すること、そして減速後の素早い加速を大事にするためにもブレーキを見極めないと、この娘のベストを見られない。なかなか手こずらせてくれる娘だな♪


雨になっちゃいました。
スタートは良くなった(^0^)
雨のせいか、加速しているように見えます!
でもちょっとバランスを崩すと、Sのようには何事のなく走り続けることはできません。
あ、やらかしてるわ。と分かります。

路面が濡れてきたせいもあるかもしれないけど、なんかやっぱりブレーキのタイミングも加減も違う感じがする。。。
なんか文句ばっかり書いてるけど、かあちゃん的には「とうちゃんなら、こう走れる」って勝手に信じてるイメージがあるので許せ(-人-)
まるっと1日練習しまくったら、もう少し何とかなりそうだけど、まだまだ3本ではこのじゃじゃ馬お嬢様は手なずけられなかったな。
この娘の手綱を取るには、もっと会話してコミニケーションをとる必要がありそうです。

かなり大辛口な、秋田の地酒みたいな今回の観戦記でしたが、次は何で走るやら?
まあ本人が楽しいのが一番なのでヨシとしておきましょう、夫婦円満のためにも。

N島さん、大切な娘さんを貸してくれてありがとうございました!
美人のお嬢様、なかなか手こずらせてくれますわ⭐︎

今回はサプライズ応援で、180さん夫妻が応援に来てくれて嬉しかった。
あとH垣さんの新作の、米粉シフォンも絶品であった。

マゾマゾスラロームが見てえ!!!と叫んで、今日はおしまい❤️
2016.04.27
当初、とうちゃんは今年は走らない(^0^)vと冬眠宣言をしていた。
相棒のS2000は、昨年の姫路最終戦以来ガレージで眠りっぱなし。
4月に車検で黒兄が預かりにきた時には、予想通りバッテリーがあがっていた。。。

そんな白兄とうちゃんクマを穴から引きずり出してくれたのはデミオのH垣さん!
開幕戦のエントリーが始まった頃にメールが来て、とうちゃんをうまく乗せようで意外な展開になった。
Sで走るのではなく、デミオでダブルエントリーですとっ!!!
かあちゃん、びっくりしました(笑)
そんな訳で、ドラシャ折らないでよ〜(^^;とドキドキな日々を過ごしたのであった。

競技会当日はH垣さんとこに寄り道してライフとデミオを入れ替え。
行きの行程でデミオに少し慣れましょう。
久しぶりに競技車両っぽい、ごっつい足回りの感触です。FFだし余計にそう感じたか?
この山道のでこぼこ六甲の下り坂は、かあちゃんを問答無用で「おえ〜っ」とモードに誘います。とうちゃんの慣れない運転も相まって、coco○カレーの看板が見えただけで激しく胸焼け感が襲ってくるではありませんか!(爆)

H垣さんが赤いNDで先導してくれますが、お山を走り慣れたエキスパートに下りでついていくと、余計にGのかかり方に運転の慣れとか技術が反映されて、ホンマに朝からエキサイティングでしたわ〜(^^;
下道で向かったんですが、途中で「忘れ物した!」と突如H垣さんが戻ってしまい路上放置されました。嘘です。ちゃんとナビの設定をしてもらいました。
時間が怪しくなってきたので三木小野から高速で会場に向かいました。

姫センに着くまでに今日1日分の体力を使い果たしたような満足感。
懐かしい顔ぶれに再会し、はいコースはこちら↓。

観戦会が開催されたため、「見せる」コースレイアウトなので長いです。
頭がこんがらがってきそうです!残念ながら、かあちゃんの愛するスラロームがありません!

5番の向きを変えるパイロンでモタモタしないこと、4-7-8のシケインくねくねはリズムよく、踏んでいって17-18を巻いて戻ってきますが戻りの10-11の間を通る所でMCしないでね。
ずっと踏んできたら進入スピードに注意して19-20-5のトライアングル。
トライアングルというものの、5のところでサイドを引くか、定常円でぐるっと回ってくるかのパターンがあるようだ。が、かあちゃん的には引かなくてもいいかな?と思った。
車の仕様や、どう攻めるか好みの問題で。前半はほんのちょっとの差がここでついたか?

後半はターンセクションが続きます。
15-16で八の字をスマートにかわし、戻ってきたら進入注意でフリーターン。
車体が短いマシンは浅く入れてちょっと障害物をよけるように通過できるけど、頭からよーいドン!して右か左で回るか。
ああ疲れた!しかしまだ最後に厄介なターンが。。。
ネオターンとかいう「ねお」さんという人が考えたという面倒なターンらしい。
最後に触らないように集中力を切らさず頑張りましょう⭐︎

今回はここまで感想を書いたらすでにガッツリ疲れましたが、人様をお借りしてのアタックの様子はというと。
本来ならとうちゃんが先に走ってオーナーが後走なんだけど、ドラシャを折ったら困るので。


スタート序盤、走りが硬いです!(^0^)/
7-8シケイン、エスなら美しいお尻が期待できますが、ブルッと揺れてます!
18では動きがかなりスローです!慣れないFFとはいえ、いつもの動きとリズムもテンポもかなり違います♪
トライアングルの19は膨らみすぎですが、車速を乗せたまま定常円周りできたからセーフ!

後半になると曲げ方とか少し感触がつかめてきたような印象だけど、ターンはどうにもなりまへん⭐︎
フリーターンでは横ぬけコースを選んだようですが車体が出口をオーバーしてしまい早々に諦めて出口じゃないところから出ていきました(笑)
ジムカーナでは勝手な道を通ることを「ミスコース」と言います。
思わず撮影しながら「ふふふ。。」と苦笑い(^0^)v
ターンの続く後半は苦しい走りになりましたが、走った本人はどんな感じだったんでしょう?


こちらも7-8がちょっと動きが美しくないなあ⭐︎
でもトライアングルは初めての車にしてはいい感じではないか!
練習走行よりは遥かに走れています!思った以上の出来栄えです♪
途中でコース員が「お触り」を疑ったようですが未遂で済んだようです!!
カネゴンアナが「私は呪っていませんから!!!」と必死の弁明をしています(爆)

なかなかいい感じや〜♪と思っていたら、フリーターンで頭から出口にいくかと焦りました。
またもかあちゃんの無情な声が写ってしまいました。
最後も苦しみつつ、何とか小さく回る方向で。
まあサイドターンが出来ないのは仕方ないということで。


スタートから、なかなか乗れてきました!車速が乗ってきましたよ♪
向きを変える5番はイマイチだけど、最後に7-8が美しくなりました♡
(と思ったら、アルファベット取られた?どこだったんだ?)
また呪い!と責められると思ったのか、カネゴンアナの実況に空白の時間が!放送事故です!そしてアナは無実だと主張しています(爆)
お触りアナウンスが聞こえたのか、トライアングルの進入がよろしくありません!
まあいい感じでは回ったけど、素敵なのは1本目の方かな?

ターンセクションは別として、2本目になってだいぶ感触がつかめてきたかリズムもテンポもいいではないか♪
初乗りにしてはなかなか上出来じゃない?と心の中で思っていました。
最後のフリーターンは作戦変更をしましたが、やっぱり最初からそううまくはいきませんな。

ということで、オーナー殺しというビックマウスはミシン針で縫いつけられ、オーナーから入賞賞品のカップヌードルミニのおすそ分けをいただくという結末でした。
なかなか楽しませてもらいました(^0^)

帰り道は素敵すぎることにNDの試乗初体験でした。
オープンで赤が素敵な真新しい車にドキドキワクワク。
なんと乗り心地が良いのでしょう!!!朝とは大違いです(爆)
しかも助手席のシートに体を埋めると、エアークッションみたいで背中が気持ちいいではないか♪
新型ロードスター素敵だ〜走りも素敵だ〜。
とうちゃんの運転は、やっぱりこっちの方が上手だ。

今回はH垣さんに至れり尽せりで楽しませて頂きました。
本当にお世話になりました。どうもありがとうございました!!!
競技会もドライブも楽しかった〜♪

どうやら白兄とうちゃんクマは冬眠からは覚めたようです。
ただ目覚めたクマは、多少変異をしているようです(^^;
さて次はどうなることやら!?
  BackHOME : Next 
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
もも
HP:
性別:
非公開
最新コメント
[09/16 もも]
[09/14 H]
[06/11 もも]
[06/10 健さん]
[06/10 もも]
バーコード
ブログ内検索

ジムカーナ観戦記 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]