忍者ブログ

ジムカーナ観戦記

ジムカーナの競技会や練習会での一幕  2007年からの観戦記はブログに移行しました。

2018.08.15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014.09.02
8月最終日、2週連続のジムカーナです。
朝は寒かったのに、日中は蒸し蒸しして日差しの強いこと。
曇ってるのにガッツリ日焼けして参りました!



今回のコースは気持ち悪くなりません!
高速ゴーゴーな長いストレートがないので、おえっと心臓出そうになりません(笑)
島をあちこちグルグル回って、ターンセクションでグリグリ回って。

見てて気持ち悪くはなりませんが、同乗したら酔って目が回りそうなテクニカルなレイアウト。
島地帯ではリズムを崩さないように注意しつつ、押さえすぎてだらっとした走りにならないように。テクニカル区間はターンのよしあし次第だけども、ダブルフリーターンは回り方をどうするか。
1本目はいろんな選択肢が見られたけど、2本目は最速はコレ!っていう回り方が絞られた感じでした。あとは成功できるか否か、という事で。

とうちゃんの1本目。
島地帯はいい感じだったと思う!
最初の島のクルクルとか結構いい感じでないか☆と思ったんだけど。
2つ目の島セクションで外周ストレートに行く時の島渡りでちょっとテンポが乱れた感じがしたけど、そう大きなミスではない。

問題は1回目のパイロンセクション。
1本目の黄色はよし、2本目の黄色だな。。。
ブレーキを間違えたのか、サイドを惹き損ねたのか謎だけど、そもそも進入がしくじったな。
大回りになってしまいアウト。

次の島は巨大三角おむすびに戻ってるとこで一度クネっと躍りかけてるけど(^^;、まあ大きな問題はなくグルグル回って。
最終セクションのパイロンですよ。。。

最初の黄色で向きを変えるところでミスってる感じがする。
フリータンに入る前にどっちつかずの位置に頭がきちゃった感じがするんだけども。
ビデオ撮ってる時は何で芝生の方に行ったのか謎で、クラブメイトたちは「思ったより回らなくてあーあってなったのかな?」とか話し合っていたのだけども。。。

それにしても、最初のターンで大回りになったとしてもフリータンの後半(もう1回回るやつ)は、1回目を大回りした時点で小さく回るように修正が間に合わないものか。
あーあって思ったまま、何となく回ってしまったのか!?

とうちゃんの心境はここでどうだったのか分からないけど、何かターンに対して苦手意識が大きくなりすぎたんだろうか?気持ちの切り替えはできていたんだろうか?
「ここで」というよりも、ここしばらくの走りの中で課題となったターンに対しての意識といってもいいかもしれない。

お昼の慣熟はしっかり歩いていたけど、2本目は島地帯も悪い訳ではないけど、どうも全体に闘志が足りないというか、「やるぜ!!!」って気合いが足りなかったのかな?
迷いのあるまま走り出して、迷ったままの気持ちが最後のセクションに出てしまったのかという感じもする。

かあちゃんはドライバーじゃないので、あくまでも側にいて、気持ちだけはずっと一緒に走って応援してて思った感想。
勝手なこと思ってゴメンね。
でも、走ってて「楽しいぜ!」という勢いが、あまりなかった気がするんだ。

来週もまた走ります。
今度は姫路だから、パイロンジムカーナです。
どんなレイアウトになるか謎だけど、「気持ちのアクセル全開」でとうちゃんが楽しく走れたらいいなって思う。
それだけを願って応援するのみです☆
PR
2014.08.26
台風に豪雨と天候不安がつきまとった8月。
主催はプレジャーさんという事で天気予報をみんなが気にした事でしょう(笑)
幸運にも競技中はぱらっときたくらいで、ほぼドライの路面でもちました。
お天気神様、どうもありがとう。
このまま安定した空模様で被災地域の1日も早い復旧を見守って下さい!!

今回のコースはシンプルながら走りの基本が詰まったようなコース。
なんか昔クラブ開設のきっかけになった、大ボスの「一皮剥くぞ!練習会」を思い出した。
意外と奥が深いコースで、Gのかかったところでマシンをどう動かすか。
パイロンなので、セクションを繋ぐラインをしっかりとらえて組み立てを。

コース図を見た時は結構踏みっぱなしのコースっぽいから、加速しないとうちゃんの車は辛いか!?と少し思ったけど、立ち上がりで損せずラインがふくれすぎないように注意すれば、車速が出てかえって走りにくい部分をカバーできるかな?みたいな!?
また1人で妄想に励む。

ビデオ撮影しながらだと、何となくしか走りのイメージが分からない。
明らかに「ここは今イチ!」ってのが、その時には分からない。
まあかあちゃんは走らない人だから、思った事が当たってる訳ではない。
ホントのところが分からないので、「どう?」って聞かれると、ねえ(笑)

そうこうしてるうちに練習走行。
前回奥伊吹で走った時は、とにかく車が止らなくて絶不調だったとうちゃん。
見てたかあちゃんも明らかにオカシイ!と思うくらい止らなかった。
この前名阪で走った時には止ったので、あの時の車のコンディションと願って撮影してたら、止めるべきところでちゃんと止ったので一安心した。

うむ、これならイケルぞ!
実はコッソリ、とうちゃん結構イケルコースなんじゃないかと思った(笑)
→一皮剥くぞ!の頃をちらっと思い出したので。
多少頭の入りが「ん?」って思った箇所があったもの、パイロンとの距離感とか悪くない!
ちょっとかっこいい♡

どっかにスラロームプリーズ!!とか思ったのは内緒で。
さて本番1本目。
最初の赤パイロンの8の字はいい感じ☆と思ったら、奥のパイロンの2本目の赤パイロンのとこでラインが膨らんだ。1本目はもっと寄って立ち上がってた。
そこから黄色パイロンを繋いできたラインも膨れすぎたような印象があるんだけど。

全体的に、あれ!練習走行よりちょっと勢いありすぎじゃない?と思った。
ところがタイムは上がっているから不思議です。
このへんのいっていい加減が、かあちゃんには謎なところです。

お昼の温泉卵仕込みの、名物奥伊吹カレーで栄養をとって。
慣熟歩行でカロリー消費して、本番2本目へ。
とうちゃんのあたりで少しぱらっときたけど、走りに大きな影響が出るほどのことはないと思ったんだけども。

ビデオ見直したら、車体半分くらい走ってる場所が悪い気がする(^^;
セクションごとにとりこぼしが多く、ちょっと課題のある1本。
ちょっとリズムが悪かったのかなあ?

ということで、タイムが出たのは本番1本目だったけど、かあちゃん的には練習走行がラブリーだったという謎の展開に!?
結果は1本目のタイムで3位表彰台をゲットし、初「伊吹そば」をゲットしました♪

ふふふ♪
いいお顔いただきました(^^)
おめでとう、とうちゃん☆

帰り道はすんごい大雨に襲われて、怖い怖い!!!
水の中をじゃぶじゃぶみたいな感じで恐ろしかった。
もう雨は勘弁です(T_T)

体調が今イチで寒くて食べられなかったイチゴシェイクが心残り。
だけど楽しいイベントだった。
プレジャースタッフの皆さん、ブラボー。ありがとうございました!

2014.08.05
気温はそこそこだったけど、蒸し暑さがハンパなく予想以上に紫外線が攻撃的でした。
うっかり首まわりを真っ赤に焼いてしまいました(涙)

久しぶりの名阪Eコース。
TSCOさんのコテコテのパイロンセクションのあるレイアウトです。

走る人はすごく楽しかったと思います。
かあちゃんも基本的に楽しく見応えのあるコースだと思いました。
ただかあちゃんに限り見るのが怖いコースでした。
だってストレートの車速バンバン乗るし長いし!
口から心臓出る。。。おえっっ。。。と。緊張のため(^^;

スタートしたらます島地帯を回ります。
いきなり最初の島への進入箇所を間違う車が結構いまして。
前の週に開催されたミドルのイメージが残っていたんでしょうか。。。
頭をきゅっと入れて島地帯を回って奥の外周をばびゅーんと加速。

奥までまっすぐ行ってパイロンで向きを変えて広場でパイロンセクションくねくね。
よっこらせ!とクリアしたら島を突っ切り正面ストレートエリアでスラロームくねくね。
スラロームの出口で半月島をかすめて、一番奥の大きな半月島を回って方向転換。
正面ストレートをべたっと踏み抜きブレーキングからのコーナリング。こえー!!!

台形の島をかすめて、再び鬼のパイロンセクション。
やっとの思いでターン地獄から抜けたら島を横切り正面に戻って、
とどめの向きを変えるパイロンを回って一踏みしてゴール。
長かった。怖かった。

とうちゃんの車はとにかく加速しないので、島地帯を小さく最短距離で。
そして少しでもパイロンセクションで稼ぐしかない。
それでどこまで食いつけるか、だ。
タイム的には、アルファベットの時点で論外になる。
奥の方のストレートにもスラロームあったら面白いのにな(笑)

かあちゃんは、とうちゃんのスラロームが好きだ。
こういうのも何だけど、結構かっこいいと思う♪
島やスラロームはビデオ見直しても、よし☆と褒めたいと思う。

しかしながら、今のベストで笑顔をゲットするには。。。
やっぱりブレーキとターンは、まだ練習の余地と可能性がたくさんある。
とりあえず、この前みたいに「とまらねー!!!!」な状態ではなくて良かった。

一応止るのはとまった。ターンぽいのもできた。
が、かあちゃんが知っている、とうちゃんの「うまい時のターン」ではない。
ペナルティこそなかったが、パイロン区間でのとりこぼしは大きいか。。。

たとえ加速のにぶい車でも、まだできることがある。(人間の腕の方で)
見せておくれ、痺れるドライビングとにっ(^^)と笑う「いいお顔」。
がんばれ、とうちゃん!!

H垣さんが作ってくれたステッカーが、なかなか素敵です。

狙っていたブツを発見しました!

買ってもらいました!
ごちそうさまでした(^^)
2014.07.07
今年は走るたびに、ここ数年久しぶりの「収穫」を車から聞き取っていた感じのとうちゃん。
昨日もそれを感じて帰ってくるハズだったのに、そんな余裕はなく。。。

奥伊吹でのフルパイロンコースということで。
行くのは遠いけど、かあちゃんは観戦するのはパイロンの方が好きなので♪
お昼のカレーサービスの時に、鮎か鱒の塩焼きコーナー欲しい(笑)なんて儚い夢を抱いて応援してたりするんですが。

大好きなスラロームセクションあり、進入をどう行くかが難しそうな最終セクションがあり、全体として見応えのあるレイアウト。
とうちゃんはどう走るのかな?とドキドキして見ていた。

が!
あれ、なんか車の動きがいつもと違う。
別の人が運転してる。。。みたいな感じ。

車が止らんのです。
サイドもダメなんです。

なんでだ?

かあちゃんが理由が分からないのは仕方ないとして、とうちゃんも分からないかんじ。
しくじってるのが確かなんだけど、なんで今日はこういうことになるんだ!?

とうちゃんは帰りもずっと「じょぼぼーん。。。」
いつもなら晩酌してからビデオ鑑賞会して反省会するのに、昨日は呑んでそのまま寝ちゃった。
かあちゃんはとうちゃんが酔いつぶれてから、何もできなくて悲しくなった。

とうちゃんは思った通りのドライビングができなくて悔しかっただろう。
でも、かあちゃんは走れないから悔しさも想像でしか分かち合えないし、車の動きに対する分析も力になれない。「素人」の感性での意見は言えても、根本的な問題解決につながるような発見みたいなことでは力になれない。

励ましたいと思っても的外れなことや無神経な発言になることもあるし、どうしたらいいか分からなくてもどかしい。
ちっとも元気にしてあげられない。

この観戦記を書く前にこの前の奥伊吹の動画を見た。
ちゃんと止ってる(ブレーキ)し、ターンも精度はまだ上げる必要があるとしても曲がってる。
ちゃんと「小さく回る」準備はできていた。

今回のと比べたくて、いつもは間違えて操作するのが怖くて触らない動画の再生モードに手をつけた。おっかなびっくり触ったら見れた!
やっぱり同じ車で同じドライバーが操作してると思えないくらい違う感じがする。

でもどんなに「ガン見」しても、「ドライバーの視点」での見方はわからない。
走るとうちゃん本人の問題だとは分かっているけど、ずっと見てるのにね。。。
ちょっとくらい元気になるような気の利いたパートナーだったらいいのにね。。。

久しぶりのモヤモヤ観戦記。
いかんな(^^;
2014.06.02
6月の唯一の日曜日休みが決定で、にわかにミドル戦に参戦となったとうちゃん。
2007年シリーズチャンプになってから地区戦にぽちぽちと出ていたので、
自分のマシンでミドルに参戦するのはすごーく久しぶりかな。

今回は黒兄、180さんとクラブ員が3人だけなので待ち合わせして会場入り。
パドック横並びになれて良かった(^^)
それにしても朝から暑いこと。。。
この気温、走りにどう影響してくるか!?

今回のオーガナイザーはRC奈良さんなので、島地帯うねうねかと思いきや、意外!
いやらしい島地帯はありましたが、踏んでゴーゴー区間が結構あるコースでした。

真ん中の大きい丸い島の3点セット島地帯の「ぐるぐる回り」。
最初のぐるぐるで回ってくるときにアウトにはらむマシンが結構あったり、2回目のぐるぐるを回りこんで抜けて行く車速とか出口からイトウ工業コーナーでの縁まわりへつくラインとか難しそう。
イトウ工業の後はえいやー!と加速してS字になるところの島のコーナーで折り返し、頭が向いたらすどーんと踏んで正面ストレートを走って小さい島のところをかすめてから再びイトウ工業のコーナーを回って、島エリアを横切って外周エリアへ。
パイロンのターンはゼロだった今回のコースです。

とうちゃんのSは加速が弱いから、島ぐるぐるやイトウ工業はじめコーナーリングのブレーキをしっかり見極めて立ち上がりで少しでも稼いでいかないと話にならない。
ぐるぐるは多分小さいラインで回れるかなと思ったけど、「走りやすさ感」は走らないかあちゃんには謎なのでどうなんだろう?

コース図見たときは「うへ!あー。。。。」だったかもしれないけど、今回はとうちゃん気持ちを入れて頑張って走ったようです。
前回の日記の「愛の激励」が効いたんだろうか!?
慣熟でWIZARDな3人すでにバテていた(^^;

1本目、島地帯を小さく回れた。脱輪することなく無駄に走らずイトウの縁についていけた。
ビデオ撮りながらだと撮影の最中は「走っているリズム」くらいしか分からないんだけど、加速区間もマシンの持てる能力を損しないように踏めたのかな?
以前のように加速区間で「モタっとした車が重い感じ」は減った。
ここはタイヤでも感じが違う気がする。

今回はロードスターのF永くんもテントに寄って話ながら作戦考えたりしてたんだけど、直線折り返して正面ストレートのあとにひっかける小島のところも話題で。

「もうちょっとで危なかったですね〜」とF永くん。
「大丈夫、大丈夫!」と余裕なとうちゃん。
「その根拠のない自信はどっからくるねん!」とかあちゃん。

そんな話をしながらの練習走行へ突入した訳だが。。。
とうちゃん、その小島のところでタイヤがひっかかり?車がスピンした。
スタンドで観戦したいたFAのMちゃんが「あぶなーい!!!」と絶叫してたのが聞こえた。

かあちゃんビデオ撮影中だったけど、あの話してたとこだわ(^^;と意外に冷静。
パドックに戻ってから、「やっぱり根拠のない自信やったな。」という事で。
スピンを見てたときは冷静だったけど、その後本番2本目の走行前には心臓バクバク、軽く胃が痛いくらいに緊張してイヤだったわ!!

路面温度もあがってきた影響で、軒並みタイムが伸びにくい状況になってきた。
とうちゃんもタイムは伸びなかったけど、1本目の暫定タイムでスーパーラップに進出☆

FRクラスの3台はS、SW、Sのラインナップ。

他のクラスはタイムアップはほとんどなかった中で、このクラスだけは3台ともタイムアップの走りでいい場面を見せてもらった。
順位は変ることはなかったけど、今回の参戦は「糧」になったと思う。

という訳で、とうちゃん3位表彰台おめでとう!
よく頑張った(^^)
黒兄も5位で、一緒に前に呼ばれたよ♪
180さんのドラシャがお亡くなりになってしまったのが残念です。。。

帰ってきてプレミアムなビールを進呈し晩酌。
おめでと〜と乾杯(^^)
おひさまに焼かれて疲れたのもあって、ビデオ視聴会をちょっとしてバタンキュー。
昨夜は9時すぎにもう爆睡だった我が家でした。子どもみたい(笑)
嬉しいな、いい笑顔見れたし楽しかった♪

参戦、オフィシャルのみなさん、暑い中お疲れさまでした!

  BackHOME : Next 
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
もも
HP:
性別:
非公開
最新コメント
[09/16 もも]
[09/14 H]
[06/11 もも]
[06/10 健さん]
[06/10 もも]
バーコード
ブログ内検索

ジムカーナ観戦記 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]