忍者ブログ

ジムカーナ観戦記

ジムカーナの競技会や練習会での一幕  2007年からの観戦記はブログに移行しました。

2014.12.01
もう一回パイロンが見たい!仕事が入らなかったら行こうよ!とリクエストして、クラブ員の180さんとH垣さんの3人で姫路に参戦してきた。
前戦はマゾマゾスラロームで最高に萌えたのだが、今回はどんなコースかな?

ワクワクしてデモランを見ていたら、すんごいパワフルで速い。
うわっ!これは今日は苦しいかな?とかあちゃんは思った。

スタートして1パイロンからスラローム。パイロンの間隔は広め。
踏んでいけるレイアウトで前半走ることになります。
大きなRを描くようにコース上部をなぶるように激走し9-17の間を抜けて18で折り返し。
1をひっかけて7で向きが変ります。
ここまでイケイケゴーゴーなので、調子に乗ってブレーキングをしくじると10-11の間をかすめた後の入り口の狭いフリーターンで苦しむことに。

このフリーターンエリア。
浅く小さく回せたらベストだけど出口でパイロンをぶっとばす可能性大なのと、12-11と狭めのパイロンの間をクネクネと抜けるのも至難の業。いかにお尻をふりまわさずにこまわりして抜けられるか!?

14をひっかけてアクセルがっつり踏んで折り返しや8の字のターンセクション。
パイロンの間隔は広めだけど、無駄に距離を走らないでまとめた方が速いかな?
最後に19-20のクネクネも結構苦しいんだけど、がんばってゴール。

いかにうまく車をコントロールして罠をクリアしていくか。
お触りには要注意だ!!

とうちゃんも加速区間で苦戦すると思っていたのかなあ?
私が思ってただけなのかなあ?
でも何か知らぬうちに固くなっていたんだろうか?
テストランは今イチだった上に、MCしたよ(^^;
でも、このミスコースで何か堅さが抜けたようでした。

本番1本目。
テストランとは見違えるように車の動きがよくなった!
よくマシンをコントロールして、小さく回れてる(^^)G
そしてフリーターンセクションをなかなか素敵にクリアできたのが大きかった。
今回もターンの後でタイヤが引っかかったような重たさはなく前に進んだ☆

そして不思議なことに加速区間もタイム的には差になってないのかなあ?
姫路の路面に助けられているんだろうか?
名阪とかで致命的に加速が遅い。。。という感じるような印象はなかったのだ。
かあちゃんには謎である(^^;

本番2本目は雲行きが怪しくなった中、守りに入るのではなく攻めたのが収穫!
かあちゃんが見た感じでは、とうちゃん攻めてはしったと思う。
最初のスラローム、美しいぜ!マゾマゾじゃないけど萌えたよ!
パイロンに寄せて、車の動きを止めずに走ったの、偉い!
何よりも集中力を切らさずに、最後までよく頑張った☆

ビデオ撮影しながらアルファベットだけはアカンで〜〜〜!と思いながら心臓バクバクしてたら、アナウンス絶叫のタイムをたたき出して帰ってきた。
ビデオには「触らなかった〜」とかあちゃんの消えいるような安堵の声が(笑)

しかーし!
走行終了後の確認で、何とパイロンタッチが確認されたのだ!!!
幻の19秒台(爆)
あらま、どこで触った???とみんなで苦笑い(^^;

何とか1本目のタイムで辛うじて逃げ切った優勝にはなったが、2本目の走りは「やる気」を絶やさず最後まで走り切ったいい走りだった☆
とうちゃん、ブラボー。連勝おめでとう!

来年はアルファベットはダメよ!

何やらシリーズも3位に滑り込んだようです。

かあちゃんは心臓が口から出そうに緊張しないパイロンコースが好きです(^^;
来年もいろんな車の動きの観戦を楽しませてもらえたらいいな♪
土日出勤も多かった今年、去年よりはたくさん走れて良かった。
お疲れ様でした。いい走りをありがとう。
PR
2014.11.03
夜中に高速を東に向けて走り3時間あまり。
霧の中のキョウセイでWIZARDな仲間たちと待ち合わせ、いざG6フェスティバルに出陣!
久しぶりにhoneさんとも再会したぞ♪
雨大丈夫かな?と心配しましいたが、競技中はもってくれました。
2本ともドライでアタックできてラッキー!


最初コース図を見た時は、踏め踏めの大味なコースかな?と思ったんですが、そんなことはなかった!思ったよりも加速ゴーゴーな区間という区間はあんまりなくて、パワー差はあまり出ない感じな巧妙なコースでした。予想以上に面白いコースでブラボー☆

まずスタート早々にパイロンをあっちへこっちへクネクネクロス。
とうちゃん1本目は寄りが足りないか?と思った箇所もありましたが、今回もリアがひっかかる事がなく向きを変えて進めてたので○!
2本目は寄りもかあちゃん的には良かったと思ったぞ。

8の字クロスを抜けたらばしゅーん!と外周を抜けて3本パイロン区間へ。
ここでパワー差が出るかと思っていたんだけど、そんなに車速は乗る区間は短く、ちゃんとブレーキを見極めないと最初に向きを変えるパイロンで失敗することになるという感じでイヤな感じの加速区間ではありませんでした♪
まあ加速しないとうちゃんの車なので、ここでストレスは当然あるんですが、勝負を諦めるほどのものではない、ということでひと安心。

1本目、とうちゃんがここで向きを変えた時ビデオ越しだったけど、よし!と思った。
次のパイロンもうまく抜けたけど、後でビデオ見たら3本目のパイロンを蹴散らしていたではないか!(爆)久しぶりのおさわり。
2本目はちゃんと走れました。よかったと思うよ!

そして次は、はじめてコース中の坂道を走るレイアウト。
これは走行を見るまでは怖そうでビクビク。実際走るのを見たら不安は消えましたが、規制パイロンの位置といい、ちょっと戸惑っちゃったところでした。
かあちゃんが涙ちょちょぎれる車速でなくて良かった!

1本目のとうちゃんは登りでクニャッと姿勢が乱れてしまい、2本目はブレーキングですかしてしまいました!
チームメイトのH垣さんに「びびったなー!」とつっこまれていました(笑)

坂道をクリアしたら規制パイロンを角角に置いた島地帯をなぞって、1本パイロンで向きを変えます。
1本目はいい感じでパイロンに辿り着き、すっと向きを変えました。
2本目はここでやらかしてしまいました!
坂道でのビビリブレーキを取り戻そうと踏みすぎたんだろうか?(謎)
島をなぞるラインを加速して曲げてきましたが、赤パイロンで向きを変える時に姿勢ができてません!大回りで踏んでいく。
まあ次が3本のパイロンの円をまわるフリーターンなので、回る方法によっては大回りのラインでもセーフかもしれないけども、赤パイロンに対しての姿勢が悪すぎるのでNG。
2本目のここは惜しかったなー!ここをちゃんと走れていたら、、、とタラレバだけど悔しさが残った箇所だった。

最後は3本のパイロンを右でも左でもいいからくるっと回るフリーターン区間。
出口に頭を出す角度も考えながら、進入しやすい方か、確実に回すターンに自信があるならサイドで一発で決めるか。車の性能や走り方でグリップ重視かサイド重視か選択の場。
できるだけ頭を回し込んで進入して、あんまりサイドで回す旋回半径を大きく持ちたくないな。
向きを変えて小さく回る方向で頭を入れたいなあ。
回すためにアクセルをふかすんじゃなく、脱出のためのアクセルに行きたい。

1本目のとうちゃん、頭を回し込むところが短かった。
もう少し回し込めたら楽だったんだけど、ブイブイ踏んで旋回を続ける時間が長くなってしまった。旋回のラインも回りながら少し膨れてしまった。
アナウンサーバミューダ氏は「いいね〜」とアナウンスして、このパフォーマンスを喜んでいた!ザ、ドリフターズ☆
でも旋回速度は悪くない。少なくともターンや脱出でタイヤは止らないのはいい。
あと1本目は出口に対して脱出の角度がセーフだったのも、かあちゃん的には◎。

2本目は前のセクションからのおつりで苦しんだ。
頭を1本目より奥まで回し込んで小さく速く回していったのは◎だった。
が、脱出が苦しかったなあ。
出口の姿勢は1本目の方が理想的だった。ちょっとお尻が乱れてクネクネとゴールラインを切ることになった。

1本目 ↑

2本目 ↑

2本目は坂道からの後半の走りに苦しめられた感じだけど、1本目より踏んでいったし、ミスはあってもタイムアップしてたのはすごいな。
てか、かあちゃんは1本目の方は速い?って思ってたから、まだまだ見るの要修行です。
あくまでも走らないかあちゃんの感想はこんなんだけど、ドライバーのとうちゃんはどんな反省や収穫があったんだろうな?

競技が始まる前は遠征で疲れたのか?競技に挑む気合いが感じられなくて、今日は気分のらないのかな?と心配したけど、2本目に攻めて走ったのでよかった!

惜しくも結果は4位だったけど、ちゃんと走れれば十分に勝負できたコースレイアウトだったので、いつどこで走る時にも走る前からトーンダウンしないで「とうちゃんの走り」に集中していけたらいいね。

今回は驚くことに抽選運の方がイケイケで。
これで今年の「当たり運」は使いきったか?というくらいの大金星。
かあちゃんご所望の日本酒とハチミツをどうもありがとう!!!
往復の運転も、お疲れさまでした!m(_ _)m
2014.10.06
でっかい台風が近付いているという事で、当然雨だろうとテンション低めだったのに!
日頃の行いの良いせいか奇跡的にお天気が1日もちました!!!
大好きなパイロンコースでじっくり観戦できました(^^)

先日のミドルよりもコース自体は覚えやすい意外な展開でしたが、走ると難しい罠がいっぱいの奥深いもので今年一番見応えあったかも。車の動かし方を見るのには、とにかく楽しい素敵コースでした。


スタート早々に8本スラロームですよ、奥さんっ!
しかも間隔がまちまちで難しいマゾマゾスラロームですよ!
レイアウトの途中で入ってるスラロームと違い、スタート早々だととても走りにくそうです。
タイヤがあったまってないとかかあちゃんには未知無知の領域ですが、間隔の違いにリズムの取り辛さや自分の「感覚」と合わなくて大変そうなイメージ。

まずは「やめて〜、でももっと〜」なスラロームを抜けたら向きを変えての定常円2周。
最初に1周したら向きを変えるターンで逆回りします。大回り(アンダーで)にならないように、でも車速を殺しすぎないようにじんわり我慢しつつの時間ありで。

抜けたらわっと踏んでS字を抜けるような形で外周を抜けるように走ったら、またまた向きを変えるパイロン。ここはしっかり車速落として小回りが早かったような。
オラオラ走りしたら、タイムロスが多かった感じ。

そして最終セクションの「串刺し」セクションなんですが。
右左右左とGの移動をうまくしつつ、軽くサイドで向きを変え。
最後の18番で270度ぐるっとまいて23番からの脱出のラインを考えつつゴール。

すっごい見てるのが楽しかった!
最初のスラローム、間隔が違ってもテンポの変わり目をうまく繋いでるマシンはリズムがいいのです。同じテンポじゃないんだけど、「いいリズム」は確実にある☆
定常円のところはコーナーの(てか円だからずっとコーナやけど。笑)タイヤの角度が萌える。
自分が見てる位置を定めて見てると、「男前の横顔」(マシンの顔)がみんな角度がちがって、そのフェイスラインを決めているのがタイヤの角度なのだ。
これはもう「オタク世界」の萌えポイントだから他人には理解できないかな(^^;

串刺しはマシンの扱い方を女目線で見ちゃったところ。
サイドターンばっかり気にしがちだけど、力づくで左右に振ってサイドにいくよりも、丁寧に優しくマシンを扱いサイドで向きを変えるようにしてあげる走り方が私好み。
あくまでも「好み」の問題だが(笑)

今回のとうちゃんの走りは、今年見た中で一番好きだったかも♪
最初のスラロームいっっぱいでメロメロだったのもあるけど、今回は最後の串刺しだ。
とうちゃん右左優しく上手かったと思う。いつもならサイドで車の動きが止ることが多いんだけど、今回は車の動きが止る(ためができる)ことがなく、とてもリズミカルでスマートな動き。
しかも小回りも効いていて、はっきり言って美しい!!
我が夫に再び惚れ直す(^^)

ただ私に恐ろしい思いもさせた我が夫。
串刺しを抜けて23番パイロンからの脱出のライン!!!
なんでタイヤバリアに突っ込みそうにバリバリに膨らむかな。
踏んでゴールに行ったのは分かるか、そのラインは見てたら怖かった(笑)
まあいいんだけど、ベタ褒めしたから刺さりそうなのはイヤよって事で(^^;

あー、楽しかった。
これで名阪の路面でもストレスなくターンセクションが回れば。。。
とうちゃんの眉間から「たてじわ」が消える時間が増えるのか!?

久しぶりの優勝、姫路では初めての優勝おめでとう!
いい走りでした☆
2014.09.29
今年は仕事で2回参戦できなかったけど、まあまあのペースでシリーズに向き合えたとうちゃん。
1年を通じて「いい時」、「いけてない時」の走りの差には分かりやすい要因があったような。
マシンの調子が悪い時は仕方ないとして、自分の気持ちが走りに集中できていない時の調子の悪さはこれからの一番大きな課題かもしれない。
それが分かりやすく出た最終戦でもあった、かな!?。。。(^^;

今回はミドルも同時開催でしたが、コースは別々。
といっても地区戦のコースから、スラロームセクションを外したのがミドルのコースですが。
寒かった朝方とはコロっと変り、照りつける太陽の下でたっぷり観戦して日焼けしました。

スタートして向きを変えて島地帯に入りますが、島のウネウネはなし。
真ん中の大きな円の縁をじわっとまわって、そこからフリーターンのラインに繋げます。

右回りか左回りかで進入の動かし方が変りますが、旋回半径を小さくするか、少し大きく回さないといけないけど進入しやすい方で走るかで選択が分かれたのかな?
回す自信がある人は進入は少し難しくなりそうだけど小さく回せたし、多少大きく回っても進入がしやすい(ある程度頭を回し込んでしまえる)方が進入でミスってガビーンよりはいいだろうし。
後に繋げるには、まずは止まる、回れない、パイロンアタックを回避するのが大事だったかも。
後半はイケイケコーゴーなので、加速しない車はここで少しでも稼ぎたいんだけどね。
自分の走りや車の性能で、どっちがいいのかはそれぞれなのかなあ。。。謎。

とうちゃんの1本目は。。。
走りに集中できてないというか、しくじった後で頑張って取り返そうという気迫が感じられなかった。(てか後半で挽回は物理的に困難すぎたというのもあろうが。。。)
勝負を止めた走りは、動かし方が雑というか危なっかしいというか、見るのが辛い。
走ってる本人が一番辛くて悔しいかもしれんけど、最後まで気持ちで止めたらあかんと思う。

走らないのに偉そうにプリプリしちゃう自分も悲しい。。。
でも、とうちゃんが悔いを残さず走って一戦を終えられるように祈るしかない。
日焼けは辛いし、何も力にもなれんし、たまらんかった(^^;

しかし、とうちゃんは頑張っていた。
今までは気持ちが入らないと昼の慣熟はそこそこにしてたけど、今回はちゃんと頑張ってギリギリまで歩いてた。フリーターンの進入の位置とか確認してた!
何とかしようともがいてるとうちゃんが見えた。
がんばれ!!!と思った。

2本目。心臓ドキドキした。
スタート。最初のパイロンでなめらかに回し込むように向きを変え大きい円島へ。
いいリズムでアンダーを出すこともなく縁を回った。美しいと思った。
回転半径は大きくなるものの、最小限のタイム差にすべくターンも回して脱出。
イトウの縁をなめてスラロームへ。

左右にぐらぐら揺れるような走りではなく、進入から出口までまっすぐになめらかに走る。
外周に抜けるまでの走りは、ハッキリ言って惚れた。美しかった☆
かあちゃんの中では、ここまでは文句ない。
走る人ならウンチクもあるだろうけど、かあちゃんの「いいねえ」って思う好きな動きでかっこよく走ったと思う。

外周は頑張って立ち上がりで稼げるように、ブレーキを注意して。
長い高速区間は涙が出るほどどうにもならないが、まだタイム差を縮めるために「できる事」はある。マシンをどうこうでなく、ドライバーの腕の方で。
ブレーキの使い方は、まだ進歩する余地がありそうです。(と、思います)

そんなこんなで2本目の走りは、今のベストで頑張れるところを目指した走り。
うちのだんな、かっこええやん!と思ったのに、その後ケンカするのが私たちのオチだな。
でも。これで来週の姫路がますます楽しみになった。

今日のコースにスラロームセクションがあってよかった。
萌えた。お疲れ様でした。
無言で見守る応援団じゃなくて、ごめんね(笑)
2014.09.08
3週連続の近年まれにみる濃密なジムカーナ月間(笑)
奥伊吹→名阪→姫路と、2回は遠征です。
高速代とガソリン代が安くなって欲しいです!

さて、なかなか日程が合わずとうちゃんが走るのは久しぶりの姫路。
かあちゃんはパイロンコースが好きなので、とうちゃんの走りを見るのが楽しみでした。
姫路シリーズやったら想像を絶するコテコテレイアウトなんだろうけど、ミドルの姫路コースはどんなレイアウトになるかな!?

現地に着いてみたら何とゲート1番ノリで(下のコンビニにはFAなみなさんが先着してましたが!)、競技中何度もアナウンスで本日の1番乗りと言われてました。
今回はEXPクラスでの参戦だったので、みんなとパドックが離れたけど観戦には絶好のポイントで黒兄テントをこちらに設置して陣営完了(笑)
おひさまにジリジリとやかれ、コースを見てモジモジ萌える☆


いいねえ!
いろんな要素が組み込まれていて「腕」と、それを活かす組み立てを見るのが楽しみです。

スタートして大きな三角の弧を描くライン。2〜3番パイロンから走ってくるマシンのちょうど正面にあたる位置で見ていたのでアクセルを開けていくための姿勢の「マシンの横顔」のかっこ良さが萌えます。この時顔を格好良く見せるか暮れたポイントが首(前輪タイヤ)のねじれ具合。
首と顔の姿勢で「美男美女」っぷりが違って見えました。

4番パイロンをかすめて外周へ。
7-8、9-10、11-12を縫うようにスカッと走って行きますが、22に騙されるんだろうか迷ったりMCしたりのマシンがちらほら。
この12番、観戦してるとこからは見えづらいんだけど、このあとに続くジグザグセクションの底になる。11からどう姿勢を作り始めるのか見えないのだけ残念だった!

見ていて意外と難しそうだったジグザグセクション。
リズムがとりずらく、パイロンの近くを小さくクイックに通過していきたいんだけど、ラインが膨れたり、押さえすぎたり、加減がなかなか難しい。
しかも前半と後半のジグザクの間隔が違うという「いやらしい配置」。
たまらんわー、見ててムズムズしたわー。

最後のジグザグでじらされ、入り口の狭いところからのフリーターン。
脱出後に待ち構えるスラロームセクションの進入に備えて出口も気をつけたいけど、まずは回して確実に出るのが先決か。。。
ここはタイヤバリアもあるし、壊したら代償が大きい光電管まであるし、安全マージンをとって?奥でまわるマシンも結構あった。

やっと出口が見えたらスラロームへ。
でもこれもちょこちょこおつりが出ちゃう危うさがあって、ドキドキした。
かあちゃん大好きスラローム。マシンのおしりは振らない方がセクシー♪

そろそろ腕がだるくなってきたところで外周から回り込んで、14で向きを変える。
ここでしくじらないでね。
8-7をぐるーっと大きくまいていくのに続いてから5-23の最終ターンがあるのでね。
この最後のターンでも痛恨のMCみたいなドラマがあったりしたんですが、とにかくこのレイアウトミスコースもパイロンタッチも多く、アルファベットとの決別が第一条件でした。

とうちゃん本番1本目。
前半まずまずこなし、心配だったターンも荒い路面のせいもあり?すべりながら何とか回る。ここを狙って回せたら、今日のようなレイアウトなら加速しない車でも大いにチャンスがあると思うんだが。
いけてる!萌える!と思ったスラローム、ビデオ見たら少し躍ってました☆許容範囲。
ジグザグでパイロンとの距離感は少しずれてるのかな?
中間ベストを頂くも、やってしまいました14番の向きを変えるパイロン。
これはいただけません(^^;
そして最終ターンも残念。回るなりに耐えてるしかありません。
暫定1位でしたが、まだまだ走れる印象です。
ただ前週よりはずっと動きもいいし、ドライバーも気持ち次第か。
前半はいい感触なので、何とかターンで頑張ってもらいたい。

練習走行。
前半イイ感じ♪なかなか美しいじゃないか!
ちょっと残念なのがジグザグの向かって左側。
右でステキすぎる寄りでサクッと左に向かってくるんだけど、左から右に向かう時に荷重が左に余ってる?というかどういう状況になってて、どう表現したらいいのか分からないのだけど、右に行く時に左でぶわっと膨れる。これが膨れなかったら最高!

フリーターンも少し入れたけど、できるだけ小さく回る。まずまず。
スラロームはこの練習が一番美しかった。メロメロ♪
今度は14も失敗せずに向きを変えてオッケー。
最終ターンもなかなか頑張った!ここしばらくの中では一番頑張った。◎あげる。
ドライバーも気持ちも前回よりはとてもいい感じなので(笑)、悔いなく走れますように。

本番2本目。手応えもあり、勝つ走りにこだわったのでしょうか?
とうちゃん知らないうちに違う世界に迷い込んだのでしょうか?
スタートフラッグが振られた後で、なかなか出走しません!?
何だ?エンストしてる?車壊れたのか?

不思議がっていたら、何とギアが入っていなかったと。
気持ちになにか焦りでもあったのかなあ?

ジグザグからのターンの進入。いかんわ。
何とか回したけど出口もいかんわ(^^;
スラロームはしくじらないように頑張ってくれましたが、前半のリズムが乱れた。
後半も走りにやや勢いが足りず、最終ターンも回したけども、練習の時のような勢いが見られなかったのは残念。無難にまとめた感じです。
多分スタートが全てを物語ったと思うので、車的には気にする必要なし。

絶対的な自信(というか自分への信頼というか)は、練習して安心という保障から得るしかないのかな。
でもやっぱり、とうちゃんとマシンが楽しそうに走って(動いて)いるのを見るのは楽しいし、疲れても来てよかったな♪と思えます。
だから次も、走るとうちゃんが何より楽しく悔いなく走れますように☆

それにしても、B2クラスのSの闘いは熱かった。
いい走りみた。うん。

とにもかくにも、とうちゃん3位で表彰台に残ることができました。良かったね!

ありがたく賞金もいただけました。ごちそうさまでした。

まずまずな気分で?、仲良く目当てもモノもゲット。
モンさん、美味しかったよ!

楽しかった1日。
姫路をまた走る日を楽しみに♪
  BackHOME : Next 
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
もも
HP:
性別:
非公開
最新コメント
[09/16 もも]
[09/14 H]
[06/11 もも]
[06/10 健さん]
[06/10 もも]
バーコード
ブログ内検索

ジムカーナ観戦記 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]